ツールの変更に躊躇しないことが大切

昨日、新しいことに

意識的に取り組むことが

大切。

 

というお話をしましたが、

実際にその大切さを実感する

場面があったので、

紹介させて頂きます。

 

私は、事業の一つとして

ウェブ関連の開発業務を

行っています。

 

ウェブの世界は本当に広く、

勉強し続けても、

新しい知識がどんどん出てくる。

 

という状態です。

 

今まで使っていたツールが

古くなってしまうことも

良くありますので、

 

どのタイミングで切り替えるか、

とても頭を悩ませます。

 

ただ、私の経験から言えることは、

世間一般に良いと言われているものは、

すぐに取り掛かるのが良い。

 

というものです。

 

多くの人が良いと言っているものには、

良い理由が必ずあります。

 

しかし、新しいツールを導入することは、

そのツールになれるために時間も

かかりますし、

 

何よりも、既存のツールの方が

慣れていることから、

 

新しいツールに移行することが

おっくうになってしまうことも

多いです。

 

 

そんな時に、まずはやってみる。

という精神で行動することがとても

大切と考えています。

 

 

実際、昨日新しく取り入れたツールは、

昨日の導入時点では扱いが難しかったですが、

一日経つと、もうその便利さに

自分自身が驚いているのです。

 

 

往々にして、

衰退していく企業というのは、

既存の枠組みにしがみつき、

変革をしない会社。

ということが少なくありません。

 

 

どんどん意識的に新しいものを

取り入れなければ、

衰退し続けるだけという危機感を

持つことが大切かもしれません。

 

コメント