脳内シミュレーションを回し続ける

最近、人にうまく伝えるために

どうすれば良いのか。

 

という点に頭を悩ませています。

 

「親の心子知らず。」

 

とは有名なことわざですが、

 

「他人の心、私は分からず。」

 

という言葉があっても良いのでは

ないか、と思うほど、

人の考えを理解するのは

難しいです。

 

 

更に、人の考えの方向を

変えていくのであればなおさら。

 

 

例えば、

「お金貯めた方が良いですよ。」

と言って

 

「分かりました。今日から

貯めます。」

 

という人はいないでしょう。

 

 

人は、変化することを基本的に

嫌う性質があるので、

新しいことに対して抵抗を

持つことは当たり前です。

 

 

しかし、人と考えを

共有できたり、自分の思いを

しっかりと伝えることができれば、

それはとても良いことですよね。

 

 

そんな時、うまく相手に伝える

方法として、「脳内シミュレーション」

をしてみるのはどうか、

 

と最近考えています。

 

脳内シミュレーションというのは、

その名の通り、

相手に伝えている場面を想定し、

会話のシミュレーションをする。

というものです。

 

 

例えば、お金を貯めることの

重要性を伝えたいとしましょう。

 

この時、シミュレーションをする前だと、

「お金を貯めることが大切ですよ。」

という発想しか出てきません。

 

 

しかし、一回シミュレーションをすることで、

「お金を貯めることが大切」

と伝えるだけではだめだ。

 

と気づきます。

 

そうすると、

お金を貯めることがなぜ必要か。

その理由を沢山考え始めるのです。

 

脳内シミュレーションは、

沢山やればやるほど、

効果が上がっていくと思います。

 

 

そして、相手に伝える語彙が増えれば

増えるほど、相手とうまくコミュニケーションを

取ることができるように

なるのではないでしょうか。

 

つまるところ、これは反復練習が大切。

ということに行きつくのですが、

何事も改善を繰り返しながら

繰り返し続ける。

 

ということが重要なのかもしれません。

 

コメント