自転車で回るだけでも頭は混乱してしまう。。

私の家の近くには、

かなり大きな螺旋状の

自転車用道路があります。

 

20mぐらいの高さまで、

7~8周をぐるぐる回っていくのです。

 

この道路の円の半径は5~6mぐらいでしょうか。

 

そこまで急な円ではありません。

 

しかし、

この螺旋道路を走ると、

必ず頭がフラフラするのです。

 

ここでのフラフラは、

立っている場所でぐるぐると

回転した時に起こる症状と

同じです。

 

ぐるぐる回ることで

脳に遠心力が働き、

脳の平衡感覚が

狂ってしまうようです。

 

このクラクラ体験を

通じ、

 

「人の脳は、こんなにも

簡単に影響を受けてしまう」

 

と強く感じました

 

逆の考え方をすると、

それだけ精緻な仕組みが

できているのが

脳なのでしょう。

 

そして、精緻だからこそ、

ちょっとしたことで

影響を受けてしまうのです。

 

つまり、

この精緻さをうまく利用できれば、

うまく脳を騙し、

 

人生を良い方向に導くことが

できるようになるのです。

 

少し前に流行ったNLP

(神経言語プログラミング)

などは、その典型的な例と

言えるでしょう。

 

人の脳というのは、

簡単に影響を受けるもの。

 

だからこそ、良い方向に向かうように

脳を騙す。

 

これを意識、実践することで、

人生がどんどん良い方向に向かっていく

かもしれません。

 

コメント