体力がある私と、体力がない私、、

昨日、

母からふと

「この暑いのに、体力があるね」

 

と言われました。

 

私としては、

「学生時代に比べると、

体力が落ちたなあ」

 

と思っていたので、

母からのこの言葉は少し

新鮮でした。

 

私 = 体力が落ちている

母 = 体力がある

 

という明らかな認識の違い

があったのですが、

 

この認識の違いというのは、

実は全てのコミュニケーションで

発生しているのではないか、

 

とふと思いました。

 

私にとっての当たり前は、

他の人にとっての非常識。

 

ということですね。

 

そして、

生活を豊かにしていくためには、

この認識のギャップを埋め続ける

ことが大切なのでしょう。

 

 

なぜなら、

自分の判断軸で相手を

決めつけるということは、

 

相手からすると

「不快」以外の何物でも

ないからです。

 

自分が考えていることや、

伝えていることは、

相手にとっての「非常識」

 

と考え、相手の常識に

近づける努力を続けることが

大切ですね。

コメント