大きな目標を立てながらも、基礎を見つめ続ける

最近、あらためて

非常に大きな目標を

設定しました。

 

大きな目標とは言っても、

それを実現できる、

 

という確信が持てる

レベルまで気持ちを高めて

いくので、

 

おそらくこの目標は

間違いなく達成すると思います。

 

目標を立てた場合、

抽象度が高くなることが

一般的です。

 

例えば、

1,000万円を稼ぐ、

という目標は、

 

具体的に見えても、

個別具体的なアクションに

まで落とし込まれて

いないという意味では、

 

抽象的と言えます。

 

そして、目標を

立てると、

どうしても抽象的に

考えてしまいがちに

なります。

 

1,000万円を稼ぐためには、

毎月85万円を稼がないと

いけない。

 

という落とし込みも、

まだ抽象度が高いですよね。

 

こうやって、抽象を具体に

落とし込んでいったとき、

 

最終的に残るのは

「作業」

ということになるでしょう。

 

つまり、

遠大な目標であったとしても、

 

結局は作業の積み重ね

でしかないのです。

 

そういった意味では、

「作業」の量に加え、

質を高め続けることが、

 

目標を達成する上での

近道と言えそうです。

 

抽象的に考えながらも、

常に足元の武器を磨き続ける。

 

抽象と具体の高速回転を

することによって、

 

目標に近づく速度が

ぐっと上がるはずです。

 

基礎的な部分を、

毎日徹底的に磨き上げて

いかなければいけない、

 

と、目標を立てて

新たに決意しました。

 

これから、作業の質を

芸術のレベルにまで

高めていきます。

コメント