悪い反応経路を絶つ

昨日、目上の人と話しを

していたのですが、

 

私自身、目上の人と話すと、

どうしても雰囲気が硬直してしまう。

という悪いクセがあります。

 

必要以上に硬直する必要は

無いにも関わらず、

どうしても硬直してしまうのです。

 

この硬直してしまう、

というのは一つの例ですが、

 

人は、潜在的に、

「苦手」と感じる人に対しては

どうしても防御的な

反応を示してしまうようです。

 

防御的な反応を示すことは

間違ったことではないと

思いますが、

 

その一方、必要以上に防御的な

姿勢を取るということは、

必ずしも良い事とは言えないですよね。

 

目上の人と関係を縮めるためには、

杓子定規な対応だけではなく、

親しみを持てる話題を持ったり

することも大切だと思います。

 

では、

そういった苦手意識を

どうやって克服していけば

良いのでしょうか?

 

これには、

色々な答えがあるのでは

ないかと考えているのですが、

 

一つは準備を重ねる。

ということだと思います。

 

私の場合、目上の人と話を

するときには、

どういった話をするのか、

 

しっかりと準備をするように

心がけています。

 

そうすることによって、

少なくとも、

硬直した姿勢が無意識に

自分に近寄ってきたとしても、

 

準備した会話をする。

という意識が硬直した姿勢を

追い出してくれるのです。

 

少し話が前後しますが、

今回の話の中で重要なことは、

人は無意識の反応を、

想像している以上に沢山している。

 

ということです。

 

この無意識の行動に気づくためには、

毎日、前の日の自分の行動を

振り返るのが良いでしょう。

 

昨日の自分を客観的に見つめ、

少し「変」な反応を洗い出すのです。

 

洗い出すことさえできれば、

あとは準備と行動を繰り返して

改善を繰り返していくだけです。

 

自分の無意識の変な行動を

しっかりと洗い出し、

少しずつ改善していくことで、

自分の周囲の環境がどんどん

変わっていくかもしれません。

コメント