毎日をベストに保つためのルールを持つ

人間誰しも、

一日に使えるのは24時間。

 

だからこそ、一日を

どれだけ有効に使うことができるかで

差がついていくと言えます。

 

特に、朝起きてから職場に行くまでの

時間や、会社から帰って寝るまでの時間

などは、自分の好きなことができるので、

 

こういった時間は有意義に使いたい

ですよね。

 

ただ、そういった時間をどれだけ

有意義に過ごせるかというのは、

 

ひとえに一日をどれほど

活力的に生きることができるのか、

 

言い換えると、朝起きた瞬間に、

最高の状態であるか。

 

という点にかかっていると

言えるでしょう。

 

睡眠時間が全く足りておらず、

朝から疲労が溜まっていては、

望めるパフォーマンスが

得られる訳がありません。

 

睡眠時間が1時間違う

だけでも、次の日の

パフォーマンスには

大きな違いがあるでしょう。

 

私も、一日を最大限に有効活用

するためにはどうすれば良いのか、

という点について毎日考えながら、

 

改善を繰り返しています。

 

例えば、夜シャワーを

浴びている最中には、

全身の力を脱力させ、

 

頭を完全にリラックスモードに

切り替えるようにしています。

 

また、朝は2キロほどランニングを

して、体を一気に目覚めさせるように

しています。

 

こういったルールを10個持っている人と、

1つも持っていない人では、

毎日のパフォーマンスに大きな違いが

発生することでしょう。

 

ただ、継続することが難しい

ルールを作っても、

それを継続するのは中々大変です。

 

例えば、夜寝る4時間前までに食事を

終わらせる。

 

というのは、夜寝る前に酒を飲みたい人には

あまりにも酷な要求です。

 

やりたいことを制限するほうが

よほど毒ですので、

そのあたりのバランスを

見極めながら、自分にとっての

最適なルールを作ることが

重要なのです。

 

何も考えず、気がついたら

毎日を最高のパフォーマンスに

保てる状況が作れたら、

 

成長の速度がぐっと上がるでしょう。

コメント