深めて、広げることの重要性

最近、新しい事業に

力を入れています。

 

まだ形になるまでには

時間がかかりそうですが、

良いご縁にも恵まれ、

前に進んでいる状況です。

 

今回は、

このご縁についてのお話です。

 

人は、一生のうちに何らかの

接点を持つ人が数万人と

言われていますが、

 

その中でも具体的な関係性を

持つレベルを考えると、

恐らく数千人というのが

現実的なのではないかと思います。

 

そう考えると、

人との出会いというのは

奇跡のようなものですよね。

 

そして、

奇跡のような出会いが

増えるほど、人生は

豊かになっていくと

言えるのではないでしょうか?

 

私自身、人脈を意識して

広げているわけではないのですが、

今回のご縁を通じ、

やはり人脈というのは

大事だと感じましたので、

どうやれば人脈が広がっていくのか、

少し考えてみました。

 

考えた結果が、以下の3つです。

 

人に対して感謝をすることと、

自分に強みを持つこと、

つながりを広げる努力をすること、

 

この3つを愚直に繰り返すことが

ご縁を広げることになるのではないかと

考えています。

 

そして、ここでのポイントは

3つのうち、どれが欠けていても

人脈は広がっていかない。

 

ということです。

 

良く、ビジネス交流会で

やたらと名刺を配っている

人を見かけたりしますが、

 

そういった方は名刺を配ることが

目的となっており、具体的に

「何ができるのか」という点が

欠けていることが圧倒的に多いと

感じています。

 

また、

ただひたすらにスキルを磨いている

人もいますが、それでは人の繋がりが

生まれません。

 

更に、どれだけスキルがあっても、

横柄な態度を取っている人とは

仕事を一緒にしたいとは思わないでしょう。

 

人脈を伸ばす3つの要素をしっかりと

意識、実践して、人とのつながりを

どんどん広げていくと、どこかのタイミングで

一気に人生が開けるかもしれません。

コメント