相手のことだけを考えるために、自分の力を伸ばす

コミュニケーションにおいては、

相手のことを考えることが大切。

 

と言われていますが、

実際に相手のことをしっかりと

考えて行動することは難しい

ことが多いと思います。

 

自社の利益、自分の利益を

度外視してまで

貢献することはできない。

 

相手が求めすぎてくるので、

それに対応しきれるか分からない。

 

といった声が聞こえてきそうです。

 

そういった意味では、

相手のことだけ考えるというのは、

全ての相手に対してできることでは

ないと言えるかもしれません。

 

つまり、

相手が100%自分の利益だけを

考えていて、

自分から全てを搾取しようと

考えているのであれば、

 

そういった人からは

すぐに離れた方が

良いかもしれないですよね。

 

他人への貢献、という言葉

が独り歩きしてしまいがちですが、

 

実際のところは、

感情の交換、価値の交換といった、

お互いに持っている資源を

上手に交換し合う。

 

という考え方がコミュニケーションに

おいて重要と言えるでしょう。

 

そして、コミュニケーションを

上手に進めようと思うのであれば、

まずは自らのスキルを高めることが

大切になります。

 

なぜなら、相手への貢献が無いの

であれば、相手に対して

価値を提供することができない

からです。

 

結局の所、相手に価値を提供

できないのであれば、

コミュニケーションも何も

無いのです。

 

仏頂面で愛想も無く、

何らかの技術も持っていない

人と付きあっていこうとは

思わないですよね。

 

強烈な自戒の意味を込め、

愛想とスキル。

この両面を磨いて行かなければ

いけないと改めて

感じたのでした。

コメント