自分を捨てる特訓を重ねる

先日、知り合いから

相談を受けました。

 

相談の内容から判断する限り、

アドバイスを求められている

というよりは、

ただ話を聞いてもらいたい。

 

という感じの内容でした。

 

誰しも、

ただ話を聞いて欲しい時

というのはありますよね。

 

そんな時、

聞き手としてやるべきことは、

「ただ話を聞くこと」

 

それだけだと思うのです。

 

しかし、人というのは

(特に男性の方に多いと思いますが)

何かしら言いたくなってしまうのですよね。。

 

頭では分かっていても、

言わずにはいられないのです(笑)

 

ただ、この行動を突き詰めて考えていくと、

相手が求めていないアドバイスを

しているのですから

 

「相手のことを考えない、

自己中心的な行為」

 

と判断することができるでしょう。

 

つまり、結局は相談を聞いている人が

自分のことしか考えていないのです。

 

自分が言いたいことを言ってしまった

後は、常に後悔の念にさいなまれます。

 

「ああ、なんて未熟なんだ。」と。

 

自分の気持ちを尊重したいのは

みな同じです。

 

だからこそ、相手の気持ちに

寄り添える人が貴重なのでしょう。

 

相手と話をするときは、

自分という存在を一度消し去り、

相手のことだけを考える。

 

これを意識し、実践を繰り返して

いかなければいけないということを、

先日の相談の件を通じて痛感したのでした。

コメント