仕事に対する障壁を下げる

 

 

今、

毎日コツコツと

不動産に関する記事を

書いています。

 

今日は、

不動産の無料査定を

するデメリット

 

について、記事にまとめました。

無料査定の甘い罠。不動産の査定前は「3つのデメリット」をしっかりと確認しよう! – 売主のミカタ

 

とにかく分かりやすく

書くことを心がけて

いますので、

 

ご覧いただければ

うれしいです。

 

ところで、

この記事を書くという仕事

なのですが、

 

細かい所にこだわると、

非常に時間がかかります。

 

吹き出しを付けたり、

枠で囲ったり。

 

正直なことを言うと、

そういった手間が心理的

ハードルになり、

 

記事を書くスピードが

遅くなってしまうのも

事実です。

 

そして、

これは私が記事を書く

時だけではなく、

 

仕事をする中でも

同じではないかと思います。

 

社内用の資料を

まとめるにしても、

 

ちょっとしたレイアウトの

調整が大変なので、

 

何となく取り組むのが

おっくうになり、

締切直前まで手を出さない。

 

客先に謝罪の連絡を

すぐにした方が良いのに、

怒られるのがおっくうで

中々連絡できない。

 

こういった悩みというのは、

つまるところ、

 

何か行動を起こすことによって、

心理的な負荷」

がかかることが明らかな場合、

 

人はその負荷を避けるために、

行動を先延ばしにする。

 

と言えそうです。

 

そう考えると、

重要なポイントは

心理的な負荷」

をどういった形で

処理するのか。

 

と言えるでしょう。

 

 

記事の細かい装飾が大変

なのであれば、ワンクリックで

装飾できる仕組みを作れば

良いのです。

 

客先に謝罪するのが

おっくうであれば、

既に怒られた状況を

イメージしておけばよいのです。

 

人の心理的負荷というのは、

思っている以上に

日々の行動に影響を与えています。

 

人生を良い方向に導くためには、

この負荷をできるだけ取り除く

ことが大切です。

 

ふと足踏みしてしまいそうな時、

目の前に現れた心理的な負荷を

ぶち壊せるよう、

日々意識していきましょう。

コメント