ハンバーガ屋に学ぶ、適度な負荷のあり方

はじめに少しご案内をさせてください。

 

この度、「不動産を高く売る方法」

についてまとめたスライドを

公開しました。

 

完全無料ですので、是非ご覧ください。

(広告じゃないのでご安心ください!)

 

不動産を高く売る方法
何も準備をせずに不動産会社に売却の相談に行くのは無謀です。 あなたの不動産を1円でも高く売るための戦略を不動産のプロが分かりやすく解説します。

 

90分の動画バージョンもありますので、

是非ご覧ください。

 

◆不動産を高値で売却する方法 その1

不動産を高値で売却する方法1
This is "不動産を高値で売却する方法1" by 大橋亮太 on Vimeo, the home for high quality videos and the people who love them.

 

◆不動産を高値で売却する方法 その2

不動産を高値で売却する方法2
This is "不動産を高値で売却する方法2" by 大橋亮太 on Vimeo, the home for high quality videos and the people who love them.

 

 

昨日、ハンバーガー屋で仕事をしていたのですが、

50個のハンバーガーを

注文している人が

いました。

(ビックリですよね!)

 

1つ、2つといった数で

あれば、スムーズにできますが、

 

さすがに50個ということもあり、

作るのにかなりの時間が

かかっているようでした。

 

そして、横目で見ている限り、

50のハンバーガーを作るのに

必要とされる時間は、

 

ハンバーガーを1つ注文 x 50人

の場合よりも、余分に時間が

かかってしまうように見受けられました。

 

それもそのはず、

50個のハンバーガーを作る

ためには、今ストックされている

食材だけでは足りず、

 

新たに肉を焼いたり、

パンを焼いたりする時間が

必要になるからです。

 

一度に大量のことを処理しようと

すると、パンクしてしまう

ということでしょう。

 

そして、

これは仕事の場面でも

当てはまるかもしれません。

 

一週間分のメールを一気に

処理しようとしたが、

頭が混乱して効率が

上がらなかった。

 

という経験がある人も

多いかもしれません。

 

一度に大量の仕事が降ってくると、

パンクしてしまうのです。

 

再びハンバーガーの例に

戻りますが、

 

逆に、

1日で1つもハンバーガー

が売れなかった場合、

どうなるでしょうか?

 

この場合、

そもそもハンバーガーの

作り方を忘れてしまうかも

しれません。

 

 

つまり、

一時間に数十人のお客さんが、

適度に注文する。

 

というのが、最も

効率が良いと言えるでしょう。

 

これを違う言葉で表現すると、

「適度な負荷を継続してかけ続ける」

ことが重要、と言えるでしょう。

 

負荷をかけすぎてもパンクしてしまうし、

負荷が全く無くてもダメ。

 

このバランスを常に意識し、

自分に適度な負荷をかけ続ける。

 

結局の所、

それが一番効率的に前に進む方法と

言えるのでしょう。

コメント