ナトリウムとアルミニウム、どちらが有害?

のどが痛む風邪をひいてしまった場合、

特効薬としてミョウバン水というのが

あることをご存知でしょうか?

 

ミョウバンはドラッグストアなどで

安く売っており、普通に水にミョウバン

溶かせばミョウバン水が完成します。

 

そして、そのミョウバン水をつかって

うがいをするのが「ミョウバンうがい」です。

 

最近も、少しのどがイガイガするな~

と思い、ミョウバン水を作りました。

 

しかし、うがいをしている時、

ミョウバンを大量摂取しても

健康に問題はないのか?」

 

という疑問が生まれ、

調べてみました。

 

すると、ミョウバン

主成分はアルミニウムであり、

 

大人がアルミニウムを摂取する分には、

基本的には問題は起こらない。

 

ということが書かれていました。

 

ただ、これを聞いても

アルミニウムを大量摂取する

気にはなれないですよね。

 

アルミニウムという言葉と

金属が結びつき、

金属を食べる=健康に良くない。

 

と連想することができるからです。

 

しかし、ここで少し視点を変えてみましょう。

 

日本人にとっては無くてはならない

「塩」。その主成分はナトリウムですよね。

 

そして、塩を大量に摂取すると、

健康に良くないことが言われています。

 

しかし、日本人は推奨される食塩量を

はるかに超える量を毎日摂取している

ようです。

 

つまり、人というのは、

慣れてしまうと、それが有害と

分かっていても辞められない。

 

そして、害がないと分かっていても、

イメージで「害があるかもしれない」

と勝手に判断をしてしまうのです。

 

言葉からのイメージは強烈ですので、

抗うのは簡単ではないですが、

 

常に客観的に、正しい判断行うように

意識づけすることが大切と言えるかもしれません。

コメント