情報の本質を掴むことが大切な時代

昨日、SNS上で紹介

されていた本を読んでみました。

 

結論としては、非常に面白い本で、

今後のビジネスにおいて参考に

なる内容でした。

 

そういった意味では、

本当に良い情報は巡り巡って

くるということを

改めて感じました。

 

しかし、本当に有益な情報が

流れる一方で、

 

広告に頼って本質的ではない

情報が伝えられる場面も

増えているように感じます。

 

アマゾンでも、

なりすましの高レビューを

重ねて消費者を誤解させるような

商品が沢山でてきましたよね。

 

つまり、今、世の中には

本当に良い情報と、全くためにならない情報。

 

この2つが表に出やすくなっていると

と思うのです。

 

一般的な内容では埋もれてしまう

ということですね。

 

そんな中で大切なことは、

本当に大切な情報かどうかを

見極める力。

 

だと考えています。

 

では、どうすれば本質的な

情報にたどり着くことが

できるのでしょうか?

 

その答えは、

「情報を集める」

ことだと考えています。

 

好感的なレビューが

一つあるだけで購入の

決断をしてはいけない、

ということです。

 

少し時間がかかるかも

しれないですが、

情報を集める癖を

付けると、正しい情報を

選択するためのスキルが

上がっていきます。

 

結果として、

どんどん本質的な

情報が入ってくるのです。

 

ネットで何でも情報が取れる時代。

本当にためになる情報を取れる人と、

そうではない人の差は、

 

どんどん広がっていくでしょう。

 

収集する情報の最大化、

是非実践してみてくださいね。

コメント