専任エージェントはあり得ない。

今日は、不動産の売却に関する、

知っていると得をする

お話です。

 

不動産の売却をする時、

仲介会社にお願いをすると

思います。

 

この時、

お願いの仕方は、

大きく分けて2つあります。

 

1つは、

売却活動をお願いするのは

あなただけです。

と、1社に絞る形。

(「専任」と言います。)

 

もう1つは、

売却活動をお願いするのは

あなたの会社だけでは

ありません。

と、複数の会社にお願いする形。

(「一般」と言います。)

 

今、日本の不動産売却の現場では、

「専任」となる場合が圧倒的に

多いです。

 

何故かと言うと、

「専任」にした方が

高く売れると、売主に思い込ませる

からです。

 

具体的な戦略も今後

ご紹介していきますが、

 

売却を1社にお願いすることは

「リスク」でしかありません。

 

競争が発生するからこそ、

消費者にメリットが生まれるのです。

 

日本の航空会社が1社だけであれば、

航空券は安くなりません。

 

スーパーが地域に一つしかなければ、

食品は安くなりません。

 

選択肢があることで、

価格競争が生まれてくるのです。

 

そういった意味では、

不動産の売却においても、

複数の会社に競争させるのが

鉄則なのです。

 

競争の中で、

やる気がない会社があれば、

契約を切れば良いでしょう。

 

専任媒介にして

相手の思うツボにならないよう、

注意してくださいね。

コメント