1秒でも早く。予兆が出たらすぐに動く

本題とは異なりますが、

昨日、

節税対策の真実。

という記事を書きました。

 

新築ワンルームの節税対策の

真実について、詳しく解説しています。

 

節税対策の本質について理解したい方は、

是非ご覧下さい。

https://realestate-column.com/tax-effect-real-estate

 

++++

 

さて、ちょっと個人的なお話で

恐縮ですが、

 

私は鼻炎持ちです。

 

特に、冷房に弱いらしく、

冷たい空気が直撃する場所にいると、

 

くしゃみが止まらなくなってしまいます。

 

そして、

鼻炎の対策は、

冷たい空気が当たらない場所に座る。

 

ということです。

 

さらに、

マスクを付けると鼻炎を

防ぐことができる可能性が

高まります。

 

この鼻炎、発症してしまうと

くしゃみが一日中止まらなく

なってしまうので、

 

仕事の効率が劇的に落ちます。

 

一応、鼻炎の薬を飲んで

止めるという方法もあるのですが、

 

鼻炎の薬というのは、

まるで睡眠薬のように

眠くなってしまうのです。

 

私にとって鼻炎というのは

本当に天敵なのですが、

 

一年で10回ぐらいは

くしゃみが止まらなくなる

日があります。

 

そういった時は、きまって

予防をしていない場合、

 

もしくは、鼻炎の前兆が

あっても、何ら対策をしない場合。

です。

 

つまり、くしゃみが止まらなく

なりそうな瞬間に対策をするのでは

もう遅いのです。

 

少し話は変わりますが、

熱中症を未然に防ぐには、

 

体調が悪くなる前に

水分補給をすることが大切です。

 

調子が悪くなった、

と感じてから対策をしたのでは

遅いのです。

 

人は、「行動しなければいけない」

という瞬間まで行動をしない

習慣がありますが、

 

行動しなければいけない瞬間は、

既に手遅れになっている。

 

ということが少なくありません。

 

先延ばしにするのは、

人の本能に根ざしていることです。

 

つまり、意識して改善しなければ、

永遠に改善されることはないのです。

 

私の場合、夏の間は、

冷房が聞いている場所に行った時は

必ずマスクを付けるというルールを

作りました。

(今年から実践しています!)

 

手遅れになる前に手を打つ習慣。

 

これを意図的に作ることによって、

仕事の効率化や、時間を有効に

使うことができるようになるでしょう。

コメント