資格の勉強は○○とセットで。

今、カフェにいるのですが、

資格試験の勉強をしている人を

パラパラと見かけます。

 

仕事の合間の貴重な時間を

使って勉強をする。

本当にすごいことですよね。

 

更に、これを継続するので

あれば尚更。

 

かなりの強い意思が

求められます。

 

資格試験を勉強する

理由は人それぞれだと思います。

 

今の仕事で活用するため。

将来独立するため。

転職するにあたってステップアップするため。

 

多くの理由があるでしょう。

 

かく言う私も、

会社を設立する前に

不動産鑑定士の勉強をしていました。

 

なぜ不動産鑑定士の勉強を

したのかというと、

 

不動産の仕事に携わる以上、

不動産について詳しく知っておく

必要があるだろう。

 

と思ったからです。

 

実際、勉強を通じて

非常に多くの知識を

得ることができました。

 

 

 

しかし、

その知識が今の仕事に

生きているかというと、

 

正直なところ「?」

 

という感じです。。。

 

 

ここで言いたいことは、

資格の勉強は意味がない。

ということではありません。

 

資格の勉強は、

実践と必ずセットでやった方が良い。

 

というのが、私の考えです。

 

簿記の勉強をするときには、

実際の会社の決算書を読み解きながら

進めた方が理解がグッと深まると思いますし、

 

宅建士の勉強をする上では、

売買の流れをネットなどで調べながら

勉強した方が理解が深まるでしょう。

 

 

少し違った観点でお話すると、

資格試験を取る目的というのは、

究極的には「お金を稼ぐため」

だと思います。

 

(中には、純粋に知識欲を

満たしたい。という方もいるかも

しれませんが。。)

 

そういった意味では、

資格の勉強と収入が結びつくのかを

考えるのがポイントだと思うのです。

 

もちろん、実際の仕事をしていない中で

こういったことを考えるのはとても

難しいと思います。

 

私の不動産鑑定士の勉強の場合、

残念ながら、ただ知識を入れることが

目的になっていました。

 

結果として、知識は増えたが

それで?という感じになって

しまっているのです(笑)

 

ちょっと失敗した立場として、

カフェで資格試験の勉強方法を見て、

 

勉強だけではなく、実践が重要。

更に、それが収入につながるかを

考えることが必要。

 

という学びを思い出したのでした。

コメント