イベントは、全てRPGと考えてみる

開始してから1時間が既に経っている

パーティーなど、

 

既に「場」が出来上がっている時、

新たにその場に入り込むのは、

大きな力が必要ですよね。

 

そして、

その場で孤立していることで

何となくアウェイな雰囲気を

感じてしまいますので、

 

ずっと居心地が悪い感じが続き、

そのまま立ち去る。

という方も多いのではないでしょうか?

 

かく言う私も、

アウェイな感覚を覚えると、

真っ先にその場を去るタイプでした(汗)

 

ただ、私は最近、

この「アウェイ感」が

あまり気にならなくなりました。

 

どのようにしてこのアウェイ感を

取り除いたのかというと、

 

自分を俯瞰して見る、

ということを実践したからでした。

 

自分を俯瞰して見る。

というのは、

 

今いる場所を

RPGゲームの一場面のように捉え、

自分はそのRPGゲームの中で

操られている主人公だと

考えるようにするのです。

 

ゲームでは、孤独感など関係なく、

町を勝手に練り歩き、

その場にいる人に手当たり次第に

話しかけますよね(笑)

 

そんなイメージを持つことが

重要だと思うのです。

 

周囲を気にしたとしても、

周囲から見ると、あなたのことを

意識している人は恐らくいません。

 

そう考えると、重要なことは

大切なことに集中すること。

 

なのです。

 

RPGで言うと、

町の中の散策をするのは良いけど、

魔王を倒すという目的は常に

頭に入れておく必要がある。

ということです。

 

自分を俯瞰して見る癖を

付けると、小さなことが

気にならなくなり、

本当に大切なことにだけ

集中することが

できるようになるかもしれません。

コメント