「明石家さんま」さんを見て思ったこと

昨日、夜にテレビを見ていたのですが、

 

そこで、

明石家さんまさんが出演されて

いました。

 

相変わらずトークがめちゃくちゃ

面白く、ぐいぐい引き込まれて

いきました。

 

その日はそのまま寝たのですが、

 

次の日、ふと、町にいる人と

明石家さんまさんを比べてみると、

 

そのテンションというか、

雰囲気が違うことに気が付きました。

(いや、言ってしまうと当たり前

なんですけどね。。)

 

もちろん、

私と明石家さんまさんの間にも、

大きなる雰囲気の違いがあります。

 

ただ、

ここで大切なことは、

他人と自分を客観的に

見比べることで、

 

他人と自分のギャップを

意識することができる。

 

ということです。

 

無理して完全に

明石家さんまさんに

なる必要はありません。

(いくら努力してもなれない

境地だと思いますが。。)

 

しかし、さんまさんのような

明るい雰囲気の人がいると、

それだけで周囲も明るくなる。

 

それであれば、少しでも自分も

明るくなった方が良い。

 

と思い、さんまさんに1ミリでも

近づこうと努力することが

大切なのではないかと思うのです。

 

自分自身、変えられない部分も

多いですが、変えられる範囲で

自分を作り変えていく。

 

明石家さんまさんのすごいトーク

見て、あらためてこのようなことを

考えたのでした。

コメント