行動と気持ちを上手に紐づけする

夏というのは、

私にとって嬉しくもあり、

辛い時期でもあります。

 

夏が辛い理由の一つとして、

アレルギー性の鼻炎があります。

 

暑い場所から、冷房の効いた

部屋などに入ると、

いっきに鼻がムズムズしてきてしまい、

 

一度くしゃみが出ると、

一日中くしゃみが止まらなく

なってしまいます。

 

ずっとくしゃみをしていると、

仕事の効率も劇的に落ちます。

 

この鼻炎を防ぐ方法として、

「マスクを付ける」

ことが挙げられます。

 

マスクを付けることによって、

冷たい空気が鼻に入らないように

するのです。

 

ただ、マスクを付けると、

何となく「病気の人」

のようなイメージになりますよね。

 

マスク=風邪というイメージが強いからでしょう。

 

風邪でもないのに、

マスクを付けるだけで風邪を引いているような

気持ちになってしまうのです。

 

つまり、人間というのは

行動と感情が結びついている

生き物ということができるでしょう。

 

マスクの場合、マイナスな感情が

引き起こされがちですが、

 

この結びつきを変えてしまえば、

あらゆる行動をプラスに結びつける

ことができると気づきました。

 

そんなこともあり、

最近ではマスクを付けることは、

仕事モードに入る合図。

 

ということを自分に言い聞かせて

います。

 

不思議なことに、毎回言い聞かせることで、

少しずつマスク=仕事というイメージ

に近づいている気がしています。

 

この行動と感情の結びつきは、

日常の様々な場面で使うことが

できるでしょう。

 

例えば、駅の改札を通った瞬間。

家のドアを空けた瞬間。

缶コーヒーのタブを開けた瞬間など。

 

一つ一つの行動とプラスの感情を

結びつけることによって、

毎日集中して過ごすことが

できるようになるかもしれません。

コメント