人の価値観が違う理由と、そこから見える動き方

今日の朝、

ドラッカーの本を読んでいると、

「人はみんな価値観が違う」

 

というフレーズが飛び込んできました。

 

例えば、

赤信号を無視する人と守る人。

この二人は、秩序を大切にする

度合いが異なるのです。

 

この話を聞いた時、

「なぜ人は価値観が異なるのだろう」

 

と不思議に思い、その理由について

考えていました。

 

この疑問に対する私なりの答えは、

 

「人は生きてきた背景が違うから」

というものです。

 

例えば、生まれた時から軍隊に

入れられ、敵を倒すことが最高の美徳。

 

と教えられてきた組織は、

相手の気持ちを慮るのではなく、

相手をタイスことが大切。

 

という価値観になるでしょう。

 

つまり、

同じような背景で育つと、

同じような価値観に収束する。

 

ということです。

 

そう考えると、

今の日本では一人一人違う背景で

生きていますので、

 

一人一人価値観が異なる。

 

と言えるのです。

 

そして、ここで大切なことは、

「相手の背景を知ろうと努力する」

ことではないかと思うのです。

 

例えば、

信号を守る人に対して

「それは時間の無駄ですよ」

 

と言ってしまえば、

その人の価値観を踏みにじることになり、

その人との関係は壊れてしまうでしょう。

 

つまり、人間関係を円滑にするためには、

相手の過去をしっかりと知り、

その上で想定される価値観を踏まえることが

重要だと思うのです。

 

人はどのような価値観があり、

その価値観は何によって形成されるのか。

 

この点を意識してコミュニケーションを図るだけで、

人間関係が円滑になると言えるかもしれません。

コメント