オーディオブックから学ぶ「行動の力」

最近、オーディオブックに

はまっています。

 

 

分厚い本というのは、

持ち歩くのも大変だし、

 

最後まで読み切れるか分からない。

挫折してしまいそう。

という理由で、

 

中々持ち歩く勇気が

沸かないことも多いのですが、

 

オーディオブックであれば、

イヤホンを付ければすぐに準備完了!

読書モードに入ることができます。

 

最近は、自動読み上げによる精度も

とても高まっており、

読書は耳から。という流れは

加速しそうです。

 

ところで、私が最近聞いたオーディオに

「ストーリーとしての競争戦略」

という本があります。

 

2倍速で聞いても、

8時間!という長さ。

 

毎日コツコツと聞いて、

昨日なんとか聞き終えました。

 

そして、今日は何を聞こうかな。

と思っていると、

 

ふと、新しい本を聞き始める

ことに抵抗を感じている自分が

いることに気が付きました。

 

今まで読んでいた本と

付き合っていた時間があまりに

長かったので、

新しい本を読み始めることに

抵抗を感じていたのだと思います。

 

しかし、

新しい本を聞き始めると、

どんどんその新しい本の

内容に惹き込まれていきました。

 

 

つまり、

人というのは、新しいことを

始める場合、

それがどんなことであっても、

抵抗を感じる。

 

という性格を持っているようです。

 

ただ、新しい行動をし続けた方が、

人としての学び、

気づきが増えることは

間違いない事実。

 

そう考えると、

抵抗をどうやって減らして

行動する習慣づけをするか。

ということが重要になりそうです。

 

やってみると楽しいけど、

何だか気が乗らない。

 

という場合は、小さなステップに分けて

行動を始めてみる。

ということを実践すると、

 

新たな経験がどんどん増えていく

かもしれません。

コメント