薬を使うか、免疫に頼るか、、

風邪をひいた時、

薬に頼らないで治す人と、

薬を使って治す人。

 

2通りの考え方がありますよね。

 

体に免疫を付けるという意味では、

薬を使わない方が良いのでしょう。

 

かくいう私も、

 

昔は薬を極力使わない派でした。

 

薬を使うと、

体が弱ると考えていたのです。

 

ただ、最近はこの考え方が変わりました。

 

そのきっかけになったのが、

ひどい喉の痛みです。

 

先日、喉風邪をひいた時、

あまり薬を使いませんでした。

 

結果として10日ぐらいかけて

徐々に症状がおさまったのですが、

 

喉はずっとヒリヒリするし、

咳をするので喉が傷んでいること

を強く感じていました。

 

一方、その後、喉に違和感を

感じた時、すぐに薬を飲みました。

 

すると、2日ほどですぐに

治ったのです。

 

結果として、喉の傷みも最小限に

食い止めることができました。

 

免疫を付けるかどうかという

議論はあるにせよ、

 

体を意図的に傷つけるのは

決して良いこととは言えない。

 

と思うようになったのです。

 

そして、

こういった昔からの

「思い込み」というのは、

 

外すのが非常に難しいです。

 

だからこそ、常に常識を

疑う姿勢を持つことが大切と

言えるのでしょう。

 

日々のちょっとしたことに

自分の癖が眠っている。

 

このことを強く意識することが、

正しい考え方を見に付ける上で

大切と言えるでしょう。

コメント