イメージキャラクターに注意!

最近、

新しい事業として、

太陽光事業に取り組んでいます。

 

今は情報を集める時期と

位置づけており、

 

可能な限り沢山の会社に

コンタクトを取り、

信頼できる会社か、

見極めを行っています。

 

そんな中、

サイトのコンテンツが

非常に充実している

会社を見つけました。

 

信頼できそうだな、

と思って問い合わせを行ったら、

すぐに連絡がきました。

 

この辺りのスピード感も

すごかったです。

 

そして、

私から見積もりの依頼を

させて頂くと、

すぐに回答がきました。

 

結論からお伝えすると、

その見積もりは他社の

見積もりよりも正直高かったです。

 

さらに、この会社の見積もりは、

高い見積もりが高く見えない

ような工夫も行われていました。

 

具体的には、

定価をかなり高めにして、

そこから大幅な値引きを行い、

結果として安く見せる。

 

という方法です。

 

恐らく、あまり情報を集めない

投資家をターゲットにしているのでしょう。

 

また、

この会社はイメージキャラクターを

起用して宣伝を行っていました。

 

イメージキャラクターを起用することで、

自ずと多額の広告費がかかります。

 

そして、その費用は商品台に転嫁

されるのです。

 

 

私は、

この高めの見積もりに対して

「正直高いです」

と回答したのですが、

 

回答後、

その後の連絡がパタッと

途絶えました。

 

この経験を通じ、

見た目が豪華でも、

そこに目を奪われてはいけない。

 

ということを改めて

学びました。

 

イメージキャラクターを

起用している会社が全て悪い。

 

とは言いませんが、

コストがかかっているものは、

必ずどこかに転嫁される。

 

という当たり前のことを

しっかりと意識しておくことが

重要と言えるでしょう。

コメント