人はみんなスキマ時間の達人

昨日電車で移動を

していたのですが、

 

電車に乗ってからすぐに

携帯ゲームを取り出し、

遊び始めている人がいました。

 

そして、

その一連の動作のスムーズさに

思わず感心してしまいました。

 

カバンの定位置にゲームを入れ、

違う場所に入れているイヤホンを

取り出し、

 

スイッチを入れてからゲームを始めるまで

およそ10秒という感じでしょうか。

 

電車での移動が一駅、5分だったとしても、

4分半は時間を使うことができるわけです。

 

その一連の姿を見て、

今まで、人生における隙間時間は

もっともっと活用できる。

 

という確信を持ちました。

 

5分間のスキマ時間が一日に

5回あったとしましょう。

 

5分の中で、実際に使えるのが

4分だとすると、

一日で20分の時間が生まれます。

 

一年間では、

およそ7,000分。

 

120時間ほどになります。

 

120時間あれば、

ある分野で、ちょっと詳しい人、

ぐらいにはなれるでしょう。

 

好きなことであれば、

ちょっとした隙間時間でも

その好きなことをしていたい。

 

と思うのが人間ですので、

 

自分が好きなことを見つけ、

スキマ時間を使ってその

好きなことをやり続ける。

 

そうすることで、

長い時間軸で見ると、

他の人と大きな差別化が

図れるかもしれません。

コメント