感じたことは、その場で記録しなければ、、

今日の朝、

自転車で移動中に、

新しい気づきが2つほどありました。

 

 

移動した後にその気づきを

まとめようと考えていたのですが、

 

いざオフィスに着いて書こうと

思ったら、、

 

きれいさっぱり忘れていました(泣)

 

 

これはすごいことだ!

と思ったことほど、

すぐには忘れないだろう。

と思ってしまいがちですが、

 

実際のところは、

 

気づきのレベルに関係なく、

時間の経過と共に、

その気づきは消え去ってしまうようです。

 

 

ここから言える学びは2つ。

 

一つ目は、

人というのは「すぐに」忘れてしまう

生き物ということ。

 

良く、

人は忘れることができるから、

辛いことがあっても乗り越えられる。

 

と言われますが、

 

残念ながら本当にその通りで、

 

辛いことだけではなく、

どんなに良いことでも、

きれいさっぱり忘れてしまいます。

 

 

そしてもう一つは、

メモを取れば思い出せる。

 

ということ。

 

人は、一度見たこと、聞いたこと、

経験したことはすべて脳に

記録されていると言われています。

 

ただ、それを思い出すことができないのは、

脳に記録された部分にアクセスできないから。

 

パソコンの例で考えると、

ハードディスクはあるけど、

読み出しができない。

 

というイメージが分かりやすいかもしれません。

 

ここで、メモを取るということは、

デスクトップにショートカットを作ること。

と言えるでしょう。

 

ショートカットを作っておけば、

おのずと目にする機会ができ、

そこから記憶にアクセスできる。

 

というイメージです。

 

 

メモをすることが大切。

と意識していても、

まだまだ実践できていないことを痛感し、

 

改めてメモを取る週間を身につけなければ

いけないと思い、気づきとして整理してみました。

コメント